情報,物質,アレルギー

アラキドン酸摂取に注意が必要な人

アラキドン酸は脳の情報伝達に欠かせない物質として、専門機関が研究を重ねています。
脳の新生が大人になってからも行われているという事がわかったことで、乳幼児や高齢者だけではなく、他の年代にも必要とされているのです。
現代の食事ではアラキドン酸の不足は考えにくいのですが、高齢者などは体内合成力が低いので積極的に摂取していく必要があります。

脳にとって重要な成分となりますが、アラキドン酸の摂取に注意が必要な方もいます。 アラキドン酸を過剰摂取した場合、アレルギー症状が出る、またもともとアレルギーを持っている方は症状がひどくなるという事が言われています。

アラキドン酸は卵、肉類、魚類、レバーなどに豊富ですが、もともとこうした食品類でアレルギーが出やすいという方もいますので、アレルギー持ちの方は注意が必要です。 またアラキドン酸の摂取についても、一つの食材から得るという事ではなく、色々な食材から得るように考えていくとアレルギーも出にくくなります。

その他の食材もまんべんなく利用し、栄養バランスの整った食事にしていくことが重要です。
ご高齢者は体内合成力が低いので、食品からの摂取がなかなか難しいという場合、サプリメントなどの利用も考えていくといいでしょう。