バランス,含有量,たんぱく質

アラキドン酸の含有量で気をつけること

アラキドン酸が脳の活性化を手伝ってくれると聞くと、多くの方が、アラキドン酸が多い食品を摂取しようと考えます。
でも、アラキドン酸は「必要量摂取する事が大切」ということと、「過剰摂取になってはいけない」という事、さらに食品で摂取するという事は他の栄養素も含まれているという事をよく理解しておくことが必要です。

栄養素はそれぞれバランスよく摂取する事が大切で、特にアラキドン酸の過剰摂取となるとアレルギーなどを引き起こる要因ともなるので、摂取量を守るという事が大切です。
ただ、疲労がひどい人、運動量が多い人などは、多めに摂取しても差し支えないと言います。
普通に働いている方でだいたい100mg程度と入れていればいいでしょう。

アラキドン酸の含有量をあらかじめ知っておくと便利です。
含有量についてはインターネットサイトにも掲載されていますし、栄養素の本などにも表記されています。
だいたいこのくらいという大まかな含有量を覚えておけば、料理に活かすことができますし、ご家族がどの程度のアラキドン酸を摂取したのかを把握できます。

他の栄養素との兼ね合いもありますので、卵ならアラキドン酸のほかに脂質、糖質などがどのくらい含まれているのかを調べてみるのもいいでしょう。
特に、生活習慣病などを患っている方がいる場合、糖質や脂質、タンパク質の含有量などを知っておく方が安心です。