高齢化,関心,判断力

アラキドン酸が注目される理由とは

アラキドン酸がここ数年高い注目を集めています。
DHA、EPAと共に非常に高い関心を集めていますが、なぜ、アラキドン酸が注目されるようになったのか、というと、やはり、高齢化社会となったということが第一の理由でしょう。

高齢化社会となると福祉、介護、医療などの問題、さらに老人性痴呆、アルツハイマーなど高齢になることで起こる症状、疾患などの問題が出てきます。
実際に今、介護施設の不足や介護士など資格者の不足、さらに在宅介護に関しての問題など、非常に多くの「高齢化」問題が起きています。

こうした背景の中で、脳細胞の新生が乳幼児期に終わるのではなく大人になってからも新生が継続しているということが報告され、より一層、脳の活性化に関して関心が強くなっていきました
そこでアラキドン酸です。
アラキドン酸は情報伝達に深い関係http://ganmen.jp/kiokuryokuwoagetai.htmlがあり、神経回路間を駆け巡る情報を受け止め、次に回すという大切な仕事をしています。

受け取って回す、という行動をスムーズに行うためには、細胞の細胞膜が柔軟であることが求められます。
この柔軟性を出してくれているのがアラキドン酸です。
いつまでも若く、元気な老後を迎えるためにも、また記憶や思考、判断力が低下しないようにするためにも、アラキドン酸の研究が進められているのです。