発達,細胞,ミルク

小さい子にアラキドン酸が必要な理由は?

アラキドン酸は体のあちこちに存在していますが、脳に多く存在しています。
脳細胞の細胞膜、その中のリン脂質という所に存在しているのですが、脳の情報伝達を容易にするために、細胞膜を柔らかくするなどの働きがあります。
そのため、大人にとっても重要な成分なのですが、乳幼児にとってはとても重要な成分となります。

胎児の時代は、お母さんの胎盤から栄養や酸素などをもらって成長していきますが、誕生してからは母乳、若しくは人工ミルクによって栄養素を補給します。
胎児の時代もそうですが、生まれてから3歳くらいまでの赤ちゃんの脳は、爆発的な成長を遂げます。
泣くばかりで何もできなかった赤ちゃんは、どんどん色々なことができるようになっていきます。
お母さんを認識し、じっと見つめるようになったり、次第に寝返りができるようになり、お座りし、1歳くらいになると歩くようになります。

こうした発達は周りからの刺激も必要ですが、脳に十分な栄養が行き届くという事が必要なのです。
特にアラキドン酸は脳細胞の発達を促す働きを持っていますので、DHAと共に小さいお子さんには必要不可欠な成分となります。
母乳に多く含まれているアラキドン酸ですが、最近は人工乳にもアラキドン酸を配合したものがあり、多くのママたちが利用されています。