食材,冷蔵庫,野菜炒め

ソーセージに含まれるアラキドン酸

ちょっとしたおつまみにも利用できますし、お弁当にも利用できるソーセージは、どの家庭の冷蔵庫にも入っているのは?と思うほど、日本ではメジャーな食材となっています。
炒めたりゆでたり、刻んで野菜炒めに入れたり、ピラフに利用したり、色々な利用方法ができますので、食卓に上がる機会も多いでしょう。

ソーセージにはどの程度のアラキドン酸が含まれているかというと、豚のウインナーソーセージ12g位で約10mgが含まれています
フランクフルトになると50gあたり、約40mgのアラキドン酸が含まれています。
今はソーセージといってもたくさんの種類があり、下降の仕方も違いますし、材料にも違いがありますので、このくらい含まれているという参考地になりますが、お肉がきらいという方でもソーセージなら食べられるという方も多いので、アラキドン酸の摂取に利用してほしい食材です。

でも問題は脂質が多いという点です。
あまり多い脂質は体にいい影響を与えません。
特に30代、40代の生活習慣病のリスクが高い方々は、野菜などを含んだバランスのいいメニューとしてソーセージなどの加工品を食生活に取り入れていくといいでしょう。
アラキドン酸は過剰摂取http://www.miraclestrippark.com/overdose.htmlすると逆の働きをしてしまう可能性が高いので、摂取量をよく考えて摂取していきましょう。